相鉄グループ100周年

メニュー

いま、むかし、みらい大相鉄展は終了しました。
多数のご来場誠にありがとうございました。

おかげさまで、相鉄グループは100周年!

横浜と神奈川県央とを結ぶ相模鉄道を中核とした相鉄グループは、2017年12月18日、創立100周年を迎えます。地域交通を担い、激動の時代に推し進めた地域開発、とりわけ横浜駅西口の開発など、人々の生活に常に寄り添ってきた相鉄グループの歴史は、横浜や神奈川県央の記憶と重なっています。そして今、東京都心への相互直通運転計画やホテルの全国展開など、未来に向けた新たな事業にチャレンジしている相鉄グループが、100周年を記念し、お客様への感謝を込めて開催する本展覧会。グループ100年のあゆみを写真パネルで紹介すると共に、鉄道事業への理解と親しみを深めていただくさまざまな実物資料を展示します。

開催日
12月16日(土) → 25日 (月)
場所
横浜髙島屋8階特設会場 (横浜タカシマヤのMapをみる)
入場時間
午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※12月16日(土)、12月20日(水)〜24日(日)は午後8時まで(午後8時30分閉場)
※最終日、12月25日(月)は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料
無料
主催
協力
相鉄グループ・神奈川新聞社
三菱プレシジョン株式会社、株式会社日立製作所、朝日新聞フォトアーカイブ
主催
相鉄グループ・神奈川新聞社
協力
三菱プレシジョン株式会社、株式会社日立製作所、朝日新聞フォトアーカイブ
問合せ先
相鉄お客様センター 045(319)2111
9:00~19:00(土・日・祝は9:00~17:00)

展示内容

数々の写真と資料で、相鉄グループの歴史、相鉄線の駅や横浜駅西口の変遷を紹介します。

  • ●相鉄グループ100年の歩みと横浜の街
  • ●横浜駅西口の変容
  • ●相鉄線の駅と車両、今むかし
  • ●相鉄グループ、未来へのチャレンジ

●相鉄線の運転士が使う本物の運転

シミュレーターを会場に移設。運転士によるデモンストレーションをご覧いただくほか、お客様による操作体験も!
※事前申込は終了しました。

  • ●相鉄線新型車両の運転席をVR
    (バーチャルリアリティ映像)で体験
  • ●本物の架線やレールを間近で見てみよう
  • ●鉄道信号機を点灯させよう
  • ●本物の方向幕を操作してみよう
  • ●相鉄線運転士のカバンの中身は?
  • ●多彩な撮影スポットも
  • ● 展覧会オリジナルグッズを販売
  • ●相模鉄道キャラクター「そうにゃん」
     ぬいぐるみなど相鉄グッズを販売
  • ●ご来場者に記念硬券をプレゼント!
    昔なつかしい「入鋏」サービスもあります
    ※数に限りがございます
  • ●相模鉄道と相鉄バスの制服を着て写真撮影ができます (子ども用制服もあります)

写真等はイメージです。
実際の展示・販売内容と異なる場合がございます。

1968年、横浜駅西口