山梨県の退職代行おすすめ業者!最短その日でおSARABA!

2019年1月18日

山梨県といえば首都圏の一角を占めているとはいえ、過密化した東京都心などとは違ってまだまだ開発の余地があり、しかも緑が多く仕事にも生活にも快適な環境です。

そのため最近では企業の立地も盛んになっていますが、こうしたなかで起こりやすいのが会社の退職をめぐるトラブルです。

山梨県内で社員を募集している企業は製造業からサービス業までいろいろとありますが、これらはすべてが地元で創業したものとは限りません。

新規の事業展開を求めて他の場所から移転してきたり、あるいは工場や支店を増設したというケースも少なくはないため、時として地元での正確な評判を聞くことが難しいことがあります。

その結果としていったん入社してはみたものの、社風が合わなかったり、残業やパワハラなどによって気力を消耗させられるといった、思ってもみなかったトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

当然ながらこのような苦痛の多い状況から解放されるためのベストな手段は退職ですが、これまでの職場でのしがらみから、なかなか退職を言い出せない場合も多いはずです。

職場の上司に退職を告げたときの反応にはいくつものパターンがありますが、人手不足を理由にして退職を思いとどまるように説得されたり、代わりの人材を自ら見つけてくるまでは退職を許さないなどといった強固姿勢を取られてしまうことが少なくはありません。

特に職場でパワハラを受けているケースであれば、そもそも高圧的な上司に対して面と向かって退職のことを切り出しにくく、そのまま苦痛に耐えて勤務せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことがあります。

退職を告げることができたとしても、慰留されて職場にとどまった結果、かえってパワハラがひどくなり、辞めるに辞められない最悪の事態も想定しなければなりません。

そこで役立つのが最近登場した退職代行サービスです。

退職代行サービスとは

この退職代行サービスというのは、会社を退職したい本人になりかわって会社に対してその意思を伝える仕事といえます。

山梨県内の会社がターゲットであれば、合同会社ゼロが運営している退職代行サービスSARABAを使うという手もあります。

SARABAに依頼をすれば上司に面と向かって退職したい旨を伝える必要はありませんし、通常は退職にともなって必要となるさまざまな事務的な手続きも、すべて郵便によって会社とやり取りすることになりますので安心です。

他に退職代行サービスを運営しているところはありますが、SARABAの場合には業種を問わず料金が一律であって、しかも万が一にも退職できなかった場合には全額返金保証が付いているところが大きく異なります。

この手の会社のなかには当初の料金は格安をうたっているものの、担当のスタッフが何らかのアクションを起こすたびに追加料金やオプション料金が請求され、トータルで見た場合には予想外に高額になってしまうところもあります。

その点最初から一律料金という決まりになっていれば、後で不用意な追加料金などが発生することもありません。

退職までの流れ

実際にどのようにサービスの提供が進むのかですが、まずはホームページ上の専用フォームまたは電話で相談の後に正式な依頼を行い、ここで担当スタッフとの電話での打ち合わせを経てサービスがスタートします。

担当のスタッフは打ち合わせの内容のとおりに会社に対して退職に必要な連絡を代行し、退職が完了するまで繰り返し何度でも対応を行います。

法律上は退職の申し出は2週間前までに行うことになっていますが、実際には代行日の当日に退職が受け入れられたというケースもあります。

なお、即日対応を希望する場合には、料金を振り込んだことを証明する写真をメールに添付するなどが必要です。オプション料金が発生するなどは一切ありません。

SARABAは退職成功率はほぼ100パーセントとなるため不安を感じる必要はないと思います。

“ほぼ”とは、休業と退職を会社側が提示した際に、依頼主が休業を選んだ過去があるだけのものです。

退職したい会社で、毎日やる気のない無駄な時間を過ごすより、

早く次に進む方が時間を有効に使えるはずです。

相談は無料です。一度相談だけでも次へのきっかけになるのではないでしょうか。