仕事辞めたいけど理由がない…退職代行で解決!

当たり前ですが、会社を退職したい場合、きちんと退職をするということを伝えてから辞めるようにしなくてはなりません。

何も告げずに勝手に仕事に行かなくなるというのは、会社としてもなぜ来ないのだろうと心配をかけてしまうことになりますし、辞めるのであれば辞めると言ってほしいと思われてしまいます。

退職をすることにした場合、まずは直属の上司に退職すると伝えなくてはなりませんが、その際には伝えただけであっさりと認めてくれる場合は少ないといえるでしょう。

会社としても貴重なスタッフを失うことになりますので、引き留めをしたりしてくるはずです。

辞めたいけど特に理由がない…

引き留めの際に聞かれるのは、なぜ退職をしたいと思っているのかなどを聞かれることになりますが、その時にその辞めたいと思っている理由がなければ、何と言って伝えればいいのでしょうか。

大した理由がないのに辞めたいと伝えても、退職を認めてくれることは少ないはずなので、明確な理由を伝えて、引き留められてもそれに対抗できるようにしておかなくてはなりません。

もともと理由がない場合は引き留められた時に流されてしまったり、会社側に困るといわれてしまうと、申し訳ない気持ちから引き下がってしまう人もいます。

口下手の人にとってみれば、退職をしたいと伝えるだけでも大きな負担になり、不安を抱えることになるでしょう。

自分ではうまく丸め込まれそう…

会社を退職する時には、退職代行業者を利用して辞める方法もあります。

代行業者を利用して辞めるのであれば、業者がかわりに退職する旨を伝えてくれるので、面倒な手続きなどもする必要がなくなります。

もちろん仕事を辞めたい理由がなくても引き受けてもらうことが出来るので、退職代行業者にお願いする方が話が早いはずです。

自分でなんとか理由をつけて退職をしようと思って上司に伝えても、何年かかっても退職が出来ないというのでは困るはずです。

だらだらといつまでも次の人が見つかるまで働いてほしいといわれたりすると、上司がいい人であればあるほど断れなくなってしまいます。

同情などの気持ちが働いてしまうと辞めることは出来ませんが、退職代行業者に依頼をして事務的に話を進めてもらった方がいいといえます。

成功率の高い退職代行業者

退職代行業者に依頼をするのであれば、成功率が高い業者を選んでおかなくてはなりません。

万が一失敗をされてしまうと、その後が困ることになりますので、成功率が高く責任をもって仕事をしてくれる業者を選びましょう。

SARABAは退職成功率はほぼ100パーセントとなるため不安を感じる必要はないと思います。

“ほぼ”とは、休業と退職を会社側が提示した際に、依頼主が休業を選んだ過去があるだけのものです。

また、SARABAでは退職できなかった場合、全額返金となるため安心して依頼できる退職代行業者ですよ。