神奈川県の退職代行おすすめ業者!最短その日でおSARABA!

2019年1月17日

仕事を辞めたいのに、なかなか辞めさせてもらえない場合があります。

退職届を上司が受け取ってくれないとか、強引な引き止めにあったとか、酷い場合は退職したいのなら損害賠償を払えと言われたり、給料をわざと未払いにしたりで嫌がらせを受ける場合もありますよね。

そもそも辞めたいと言い出せないような雰囲気がある会社も少なくありません。

しかし、辞めるのは自由であるはずだし、辞めたい理由についてとやかく言われる筋合いも本来ないはずです。

このように仕事を辞めたいのに辞めることができないという理解しがたい現実が実際にあり、悩んでいる人が少なくありません。

追い詰められて自ら命を絶つような悲劇も起きているほどです。

このような悲劇が起きる前に手を打つ必要があるわけですが、どうしてもスムーズに仕事を辞めさせてもらえないような場合は、第三者の手を借りるのも手です。

本人に変わって仕事を辞めることができるように話を進めてくれるプロ集団がいるのです。

それが退職代行と呼ばれる人たちです。

神奈川県では「SARABA」が、質においても料金においてもバランスがとれているのでおすすめです。

依頼者の退職を実現するように全力で会社に退職の意思を伝えてくれ、成功率はほぼ100%と優秀で、その間は依頼者は家にいて、出社する必要はありません。(※“ほぼ”とは、休業と退職を会社側が提示した際に、依頼主が休業を選んだ過去があるだけのものです。)

SARABAの特徴

「SARABA」の担当スタッフの特徴は、会社に対して退職が完了するまで根気強く何度でも会社に電話やメールなどで交渉を進めてくれることです。

それでいながら、費用はすべて込みで30,000円だけでOKです。

中にはSARABAよりも安い金額を謳っている退職代行会社もありますが、後から追加料金が請求されることが多く、結局は高額になってしまうようです。

しかし、「SARABA」はすべて込みの価格であり、追加料金などは一切発生しません。

仮に退職が実現するまで時間がかかり、何度も電話交渉を繰り返すようなことになったとしても、追加料金が請求されることはないので安心なのです。

さらに、万が一退職に至らなかった場合は、全額返金保証もついています。これは絶対的な自信の表れでもあります。実際に利用した人の中には、その日のうちに即日退職を実現した人も大勢いるそうです。

SARABAでも依頼できないケース

一つ注意点があるとすれば、法的な処置が必要となるような場合です。

たとえば、賃金の未払いが残っているとか、有給休暇の消化などの問題は、法的な問題を含んでいるので弁護士さんに相談するほうが良いようです。

しかし、単純に退職したいという一番の大切な目的に関しては、「SARABA」は心強い味方になってくれることでしょう。

会社から電話は来る?保険証などの返却方法は?

よくある質問にせっかく退職代行を依頼しても、会社のほうから自分のところに慰留を促す連絡が入るのではないかと心配の人もいることでしょう。

この点に関しては、予め本人には連絡しないようにその旨を伝えてくれるので、ほとんどの場合それを尊重してくれるようです。ただ中にはそれでも電話をかけてくる会社が100%ないとは言い切れません。

また保険証や身分証など会社に返さなければならない書類などもあるでしょうが、

それは後日郵送すれば大丈夫です。

離職票などに関しても後日会社のほうから郵送されてくる場合がほとんどです。もちろん、その旨もきちんと確認をとってもらえます。

退職の意志を代わりに伝えてもらうというのは奇妙に感じるかもしれません。

しかし、強引で高圧的な会社の場合は言いたくても言い出せないこともあるのです。

精神的に追い詰められて会社に顔を出したくないという人もあることでしょう。

様々な分野に代行業があるわけですから、このような退職の代行業があったとしても不思議ではありませんし、最近ではメディアにもよく取り上げられ、実際に利用する人の数は増えています。

退職したい会社で、毎日やる気のない無駄な時間を過ごすより、

早く次に進む方が時間を有効に使えるはずです。

相談は無料です。一度相談だけでも次へのきっかけになるのではないでしょうか。